日々公論 ~旅とカメラと映画と私~

高校教員による旅と写真と映画についての戯言

MENU

【2019年12月版】北京観光記 1日目編


ランキングに参加しています。
みなさんのクリックが励みになりまする。
   ↓    ↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 さて、前回の続きです。

 

前回の「出発編」はこちらをご覧ください。

 

 

www.photravel.onotaka1986.com

 

 

 

 さて、深夜3時発に羽田をたち、朝6時過ぎに北京国際空港に到着しました。

f:id:onotaka1986:20200121094113j:plain

ターミナルまでバスに乗ります。

 

さて、入国ですが、特に問題なくスムーズに終わりました。

 

f:id:onotaka1986:20200116140248j:plain

指紋認証はセキュリティーカウンターに並ぶ手前にありました。

 

 そういえば羽田空港でとりあえず2万円分両替しました。

 

1元=17円くらいですかね。

 

f:id:onotaka1986:20200121094339j:plain

 

 

深夜にやっていた両替所は出口付近のここくらいでした。(北京空港)

 

 

f:id:onotaka1986:20200121094253j:plain

 

 

さて、半分寝ぼけた状態ですが、市街地へと向かます。

 

 

バス・タクシー・地下鉄がありますが、元気であればバスを探して安く済ませますが、眠すぎるので、迷わず地下鉄へ。

 

f:id:onotaka1986:20200121094734j:plain

 

 

 

空港から東直門駅まで特急がありました。20元でした。

 

東直門までいくと市街地を網羅するメトロに接続できます。 

 

f:id:onotaka1986:20200121095115j:plain

 

ちょっとずつ中国に来たことを実感。

f:id:onotaka1986:20200121095018j:plain

 

中国の切符はカード式でした。かっこいい。

f:id:onotaka1986:20200121095035j:plain

 

しかし、ここでトラブル。

 

この路線は空港と東直門をシャトル運航してるのですが

 

空港出発 →寝落ち →当直門スルー →目が覚める →空港につく

 

これを繰り返し、いつまでたっても市街地に着けない。( ゚Д゚)

 

しかし、時刻は早朝、今市街地に行ってもホテルはチェックインできませんし、

 

今のうちにガイドブックで情報を・・・。

 

 

 

 

 

 

あっガイドブック買ってないや。(^_-)-☆

 

おまけにSIMカードもよくわからんし。

 

まるで情報がない。どうしよう。

 

とりあえず寝るか。(-_-)zzz

 

こうして不毛な時間が過ぎ、時間だけが経過していくのであった。

 

 

なんやかんやで東直門につき、地下鉄路線図をゲット。

 

ぱっと見て、「とりあえず天安門行っとくか!」

 

行き先が決まりました。

 

目的地は「門前駅」

 

 

f:id:onotaka1986:20200121100145j:plain

 

f:id:onotaka1986:20200121100409j:plain


改札前で、PASMOのようなチャージできるカードをゲット。

 

多分、地下鉄が移動のメインになる予感がしたので100元をチャージ。

 

デポジットで20元かかりました。

 

 

f:id:onotaka1986:20200121100700j:plain

地下鉄は、かなり正確で、不便さは感じません。

 

右上のモニターに次の電車が表示されています。 

 

というか、もう9時半かよ! ついて3時間半もたってることに驚き。

  

 

 

f:id:onotaka1986:20200121100636j:plain

 

 前門駅到着。待ってろ毛沢東!

 

f:id:onotaka1986:20200123075000j:plain

 

 

f:id:onotaka1986:20200123075113j:plain

 

天安門広場の奥に紫禁城で有名な故宮博物館があるようです。

 

しかし、道路の反対側に天安門らしき広場があるものの渡れず。

 

しばらく進むと、長蛇の列が。どうやらセキュリティーチェックを受けなければならないらしい。

 

ただ、その行列と進みの遅さが尋常ではなく。

 

 

なにより少し並んでみて気づいたのだが、めちゃくちゃ寒い!!

 

異国へのテンションの高まりであまり気にしていなかったが日本とはくらべものにならないくらい寒い。

 

 

わかってはいた。わかってはいたんだけどよーー。

 

 

( `ー´)ノ「今日はこのへんにしといたるわ!!」

 

 

諦めではない。戦略的撤退である。

 

 

日を改めて、もっと早い時間から並んでおこう。

 

というわけで、駅へと引き返す。

 

道の反対側によさそうなショップ街が見えたので、道路を渡ろうと試みるが・・・

 

 

 

f:id:onotaka1986:20200123075802j:plain

 

あれ?

f:id:onotaka1986:20200123075815j:plain

 

あれれ?

 

道路沿いには柵が置かれ、最終的にパトカーや巡回中の警察官に出くわすように動線が決められていることに気づく。

 

 

改めてここが中国だと実感した。

 

 

その後、地下鉄に戻ると入り口で荷物チェック。

また出口を間違える。(というかわからないから適当に出てみる。)

柵で道路が渡れない。

駅に戻る

荷物チェック

 

 

 

自分発狂よろしいか??

 

 

なんという不自由。なんという初見殺し。

 

 

4度目の挑戦で、無事道路の反対側から出ることに成功。

 

 

( ゚Д゚)<ええーい!とりあえず腹ごしらえじゃ!!

 

 

 

 

f:id:onotaka1986:20200123080605j:plain

 

 

f:id:onotaka1986:20200123080622j:plain

 うまそうっ!!

 

 

f:id:onotaka1986:20200123080701j:plain

説明は不要。うまいに決まってる。

 

冷えた体にはなおさらです。山椒のピリピリ感がちょうどよかった。

 

味は薄味でした。

 

f:id:onotaka1986:20200123080719j:plain

 

途中で黒酢を加えて味変。

 

黒酢好きにはたまらない。

 

 

ただおいしいのだが黒酢を入れすぎたのか、一度に食べ過ぎるとせき込んでしまう。

 

 

ズズッーッ ブホォッ  ズズッーッ ブホォッ   ズズッーッ ブホォェ

 

 

こんな状態です。笑 周りの中国人も爆笑。

 

f:id:onotaka1986:20200123080738j:plain

 

 

代金は16元ほど。=300円くらい。すばらしい。

 

飯がうまければ大体のことは許します。

 

 

店を出て大通り沿いに歩くと雰囲気の良い通りが。

f:id:onotaka1986:20200123082622j:plain

 

 

f:id:onotaka1986:20200123082812j:plain

目印の高楼

f:id:onotaka1986:20200123082858j:plain



スタバもだいぶローカライズされてます。いい雰囲気。

 

f:id:onotaka1986:20200123083022j:plain

 

いたるところに中国らしいモニュメントが。

 

 

やばい。楽しい!!

 

 

f:id:onotaka1986:20200123083109j:plain

 

どうやらここは前門大街というところらしい。

 

大街=大通り 胡同=小道  みたいな感じ。

 

これがわかるだけで、中国の通りの地図はわかると思う。

 

 

 

f:id:onotaka1986:20200123083257j:plain

 

吉野家を発見したので店内へ。

 

牛丼一杯=40元くらい=700円くらい 高いな。

 

 

 

通りを抜けると珠市口駅を発見。そろそろホテルのチェックインが可能な時間なので、一旦ホテルに行って荷物を軽くしよう。

 

f:id:onotaka1986:20200123083537j:plain

 

地下鉄はシンプルで乗り換えは簡単。

  

 

しかし、乗り換えのたびに結構歩くので時間と体力は結構使います。

 

 

 

最寄りの「東四駅」(ドンスー)からホテルへ。

 

 

胡同に入ると古風な雰囲気が。

f:id:onotaka1986:20200123083809j:plain

 

f:id:onotaka1986:20200123084804j:plain

到着!! 東四飯店(ドンスーホテル)

 

f:id:onotaka1986:20200123084901j:plain

あまり英語は通じないけど、雰囲気でチェックインも問題なし。

 

フロントと客室フロアの間も電子ドアがあるのでセキュリティーは安心かな。

 

 

部屋は、シングルでとったはずだけどなぜかツインルームに。

 

料金は一泊1800円ほど。やるやん!!

 

 

 

その後小休止・・・

 

 

目覚めるとどういうわけか夕方に。笑

 

もう、外の寒さを想像しただけで引きこもりモードに。

 

しかし、旅の日数はわずか4日。このまま1日が終わってよいものか。

 

 

うん。終わっていいや。

 

 

しかし、窓の隙間からは若干の日の明かりも。

 

 

よし、完全に日が沈んだら帰るルールで少しだけ外に出よう。

 

 

ということで、出動。

 

来る前にネットで、ホテルの近くに「北京の銀座」というわれる「王府井」(ワンフージン)という通りがあるとは調べていたので向かうことに。

 

歩いて15分ほどで大街にでる。

 

f:id:onotaka1986:20200123085036j:plain

 

歩行者専用になっていて活気がある。

f:id:onotaka1986:20200123090508j:plain

 

途中カトリックの教会もあった。

 

f:id:onotaka1986:20200123090527j:plain

そういえば年末なんだなぁと実感。

 

 

ということで、日が沈んだのでゲームオーバー。

 

まあ、ここは買い物の拠点にちょうどいいぞ。

 

 

ということでホテルまでの途中にあったスーパーで夜食を調達。

 

ドン!

f:id:onotaka1986:20200123090703j:plain

アルコール10%とは知らず、これ一本で泥酔。8元くらい

ドン!!

f:id:onotaka1986:20200123090847j:plain

ドン!!!味もアルコールも薄い。でも飲みやすい。3元と安い。

f:id:onotaka1986:20200123090919j:plain

 

ドン!!!! シーフード風味。5.5元

f:id:onotaka1986:20200123090941j:plain

 

お好み焼きを丸めた感じのもの。ソースがあればな。8元。

 

 

こんな感じで質素な食事でも満足。

 

 

ふと、スマホで今日の気温調べたら最高気温‐4℃でしたわ。

 

( ゚Д゚)<そりゃ寒みーわ。

 

ということで北京到着1日目でした。まとまりない感じですいません。

 

次の日はもう少しいろいろ周ってるのでご期待くだされ。

 

お読みいただきありがとうございました。では。